過酷ないじめと学校の無策 長崎の中3自殺で報告書

長崎県新上五島町で平成26年1月、町立奈良尾中3年の松竹景虎さん(当時15歳)が自殺した問題で、町が設置した第三者委員会は1月6日、調査報告書を取りまとめ、「過酷ないじめを受け続け、それが原因で自殺した」と結論づけた。学校の対応に「極めてずさん」と厳しく非難した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。