英語で授業には自信ない 言語活動は不十分

ベネッセ教育総合研究所は「中高の英語指導に関する実態調査2015」を行った。その結果の中から、英語科教員の回答を公表。中・高の英語の授業では、音声指導や文法指導などが多く、「話す」「書く」を含めた言語活動が十分に行われていないのが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。