業界大手東京書籍も 検定中に教科書閲覧させる

東京書籍が検定中の教科書を教員らに閲覧させていたことが分かった。平成22年9月に名古屋市内のホテルで「編集拡大会議」として開催し、参加者には謝礼も払っていた。不正が発覚したのは三省堂、数研出版に続いて3社目。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。