沖縄小4自殺 アンケートでいじめ訴えていた

沖縄県豊見城(とみぐすく)市で昨年10月に、小学校4年生男児(当時9歳)が首をつって自殺した事案で、当該校の校長が1月10日、市役所で会見を開き、これまでの経緯を説明した。自殺を図る直前に行った学校でのアンケートには、男児はいじめがあったと答えていた。校長は「できる限りの対応はした」と学校側には不備はなかったとの認識を示した。

男児は、秋季休暇中だった昨年10月12日夜、自宅で首をつっていたのが発見された。病院に緊急搬送されたが19日に死亡した。

同市教によると、男児が亡くなる直前の9月29日に、無記名アンケートが実施されていた。しかし、担任の男性教諭はアンケートを放置。男児が自殺した2週間後に確認したところ、自由記述欄に「いじめられている」と訴える内容が記入されており、筆跡から同児が書いたものと分かった。

会見で校長は、担任がすぐに把握できなかった理由について「1学期の終わりで、成績表を一から作らなければならない時期だった。こうした業務を優先したのだと思う」と語った。さらに「男児から相談はなかった」と説明した。

学校は男児の自殺を伏せたまま、11月下旬に4、5年生を対象にアンケートを実施し、9人が「いじわるされているのを見た」と回答していた。

市教委によると、13日には、4年生以上にアンケートをあらためて実施する見通しだ。

今後の対応については12日夜に開いた保護者会議での話し会いの内容を経て決めていくとした。市教委は昨年11月に第三者委員会を立ち上げ、調査を進めている。

関連記事