沖縄小4自殺 アンケートでいじめ訴えていた

沖縄県豊見城(とみぐすく)市で昨年10月に、小学校4年生男児(当時9歳)が首をつって自殺した事案で、当該校の校長が1月10日、市役所で会見を開き、これまでの経緯を説明した。自殺を図る直前に行った学校でのアンケートには、男児はいじめがあったと答えていた。校長は「できる限りの対応はした」と学校側には不備はなかったとの認識を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。