高校生は現地で知った カンボジアの光と影

国際人の育成を図る目的で文科省が指定するスーパグローバルハイスクール(SGH)の5校が合同で1月9、10の両日、都内で、「カンボジア研修会&成果発表会2016」を開いた。生徒らは、ポル・ポト政権時代の悲惨な事実や同国で働く日本人に出会うなどして異文化にふれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。