静岡福祉大が小学校2種免許 明星通信と提携

静岡福祉大学子ども学部は、このほど明星大学通信教育部と提携し、小学校教諭2種免許状の取得を可能にした。

同学部は、心理・福祉に強い幼稚園教諭・保育士の養成のため、今年度に発足。卒業時に取得できるのは、幼稚園教諭1種免許状。保育士(国家資格)。社会福祉主事(任用資格)。レクリエーション・インストラクターなど。

子どもだけでなく、保護者や家族も支援する対応法、発達障害児やその保護者支援などを学び、高い専門性を目指している。

これに加えて、乳幼児期から学童期までの保育、教育に携わる人材を育成しようと、明星大学との連携に至った。

小学校教諭2種免許状の取得を希望する場合、対象となる学生は、同学部で幼稚園教諭1種免許状の取得に必要な単位を履修しているのが条件。1年次前期の修得単位数と、各科目の成績から算出された成績評定GPAを審査し、必要に応じて面接を行い、1年次後期に決定する。

2年次生から4年次生までの3年間で、16科目31単位の通信教育に加えて、年間2~3日のスクーリングで修得する。教育実習は同学部の地元で行う。履修費用は約40万円。

山田美津子学部長は、「これから本格的に始動する。乳幼児期から学童期まで、一貫した成長を学んでほしい」と、意欲ある学生に期待を寄せている。

関連記事