沖縄小4自殺事案 文科相が教員の対応を批判

沖縄県豊見城(とみぐすく)市の小学校4年生男児(当時9歳)が昨年10月に自殺した問題で、馳浩文科相は1月15日の閣議後会見で、「報道の通りなら極めて遺憾」と教員の対応を非難した。今後は、詳細な報告を踏まえた上で、学校や市教委に、適切な対応を求めるとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。