学校事故対応で指針骨子案 遺族との調整役も

文科省の「学校事故対応に関する調査研究」有識者会議は1月15日、学校事故に関する指針の骨子案を示した。事故が発生したときの検証の在り方や、学校と遺族らの調整などを行う新たな人材の位置付けについて明記された。3月末にはガイドラインを取りまとめる見通し。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。