誰かが応援しているよ 五輪メダリストと児童が交流

東京都千代田区立お茶の水小学校(淺川宏校長、児童数259人)は1月18日、研究発表会を開いた。研究主題は「21世紀をたくましく生き抜く子どもの育成」。オリンピック・パラリンピック教育を推進する同校が、公開授業、研究発表、講演を行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。