全中学校区にコミュニティ・スクール 29年度目標に

山口県教委では、地域ぐるみで子どもの育ちや学びを見守るコミュニティ・スクール(CS)を全県で実現するために、学校運営協議会を設置。独自色を出そうと「地域協育ネット」の名称でコーディネート機能を発揮し、市町村の中学校区ごとにCSを設置している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。