先生が児童に英会話見せて 格好いいと思わせて

文科省内で開かれた国研シンポジウム
文科省内で開かれた国研シンポジウム

国研の平成27年度教育改革シンポジウム「初等教育段階における英語教育を考える」が1月19日、文科省内で開かれた。上智大学言語教育研究センターの吉田研作センター長が講演したほか、海外の有識者が初等教育英語の現状について報告した。

はじめに吉田センター長が「これからのグローバル人材育成と小学校における英語教育」をテーマに講演。英語教員ほど、海外で英語を話さない現状があると話した。その原因については「間違いを犯す意識が強いからだ」と指摘する。

また「それぞれの国に、いわばその国の英語がある。米国英語、英国英語、インド英語と。日本には日本の英語がある。臆することなく英語を話してほしい」と語った。

また教員の指導方法に言及し、「4技能を体系的に指導する必要がある。特に、児童にはできるだけ英語でのコミュニケーションを見せるのが重要」とした。それを見せることで、児童が英語を話すのが格好いいと思うと話す。

現在検討が進んでいる次期学習指導要で小学校5年生からの外国語の教科化については、「小学校から英語を始めるのがよい。そうすれば高校での英語を使った授業が普通に思えるようになる」と考えを示した。

小学校教員で中学校英語教員免許をもっているのは「4%しかない」として、英語教員養成の充実を訴えた。

この後、タイやフィンランドなどの初等教育英語の専門家が、各国の現状について報告した。

このうち台湾のヤミン・タイ台北教育大学副教授は、自国の英語教育改革について語った。

ヤミン氏は「01年からは、初等教育での英語教員養成に力を入れ、多くの者が脱落した」と厳しい研修の現状を語った。

台湾の英語村にふれ、「県ごとで内容は違う」として、小学校高学年になったら一度は英語村に行かなければならない地域もあれば、英語教員が小学校にくる形の移動する英語村もあると報告した。

関連記事