オンライン講座の世界潮流 MOOCでコストを抑制

「オープンエデュケーションは変わってきた。学びのニーズを調べてMOOCを提供するようになってきた。システムが進化し、大学の単位と資格がとれるようになった。アメリカでは、大学の教育費の高さが社会問題となっている。MOOCを活用すればコスト抑制にもつながる」と、マサチューセッツ工科大学の宮川繁教授は、オンライン講座の世界的潮流について語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。