大型客船を学校にします 世界を学ぶアイデアを提案

埼玉県教委は、県立高校を対象にした起業家教育推進事業の生徒作品発表会と交流会を1月19日、同県桶川市のさいたま文学館で開いた。同事業に参加した7校の高校生は、企業が事前に出したそれぞれのミッションに応え、独自のビジネスモデルのプレゼンテーションを行った。「クルーズしながら世界を学ぶ学校」など、チームで演出を工夫しながら多様なアイデアを提案していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。