幼児教育から小学校へ 接続の重要性を議論

総則・評価特別部会や外国語ワーキンググループなどで議論が進むなか、初中分科会教育課程部会は1月20日、小学校部会の初会合を開いた。昨年8月に出された論点整理を基に、「社会に開かれた教育課程」や小学校教育で育成すべき資質・能力といった検討事項(案)を示した。委員の間では、幼児教育との接続などについて意見が交わされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。