千葉の指導指針 言語活動の一層の充実など盛り込む

千葉県教委は、平成27年度の第13回定例会を1月20日、千葉市の県庁で開催した。会合では、同県内の学校教育の指導に生かす平成28年度版「学校教育指導の指針」の内容や修正点などが報告された。小・中学校の「言語活動の一層の充実」や、小・中・高校での体験的、問題解決的な学習での「主体的、協働的な学びの充実」などが示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。