予算もノウハウもない 新教科「数理探究」の現実

 中教審初等中等教育分科会教育課程部会は1月21日、高等学校の数学・理科にわたる探究的科目の在り方に関する特別チームの第2回会合を文科省で開いた。新教科となる数理探究(仮称)について、「理想だけでなく現実を考えないと」「フィールドが広すぎると深さが出ない」「目標をあまり高いところに置かないほうがいい」などと、現実的な議論が交わされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。