授業を送信しその場で手話に 進む韓国の支援教育

 インクルーシブ教育システムについて、(独)国立特別支援教育総合研究所は1月21日、東京都千代田区の学術総合センターで国際シンポジウムを開いた。韓国・国立特殊教育院のキム・スクジン氏が、自国のインクルーシブ教育について報告した。カメラとマイクでとった授業を支援センターに送信すると、手話や速記に変換してリアルタイムで児童生徒に配信されるシステムなどについて語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。