小中9年間を見通す 中1ギャップは軽減できる

東京都練馬区教委は1月22日、「ねりま小中一貫教育フォーラム」を、練馬文化センターで開催した。小中一貫教育実践校が活動をまとめたポスターの展示や、研究グループなどによる発表が行われた。9年間を見通した授業の創造、小中の交流、中1ギャップ軽減のための取り組みなど、さまざまな実践が報告された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。