できる支援が確かな一歩に 知花くららさんが語る

「私たちにはどうしても見えないものさしがあって、ともすれば上から目線になってしまう。良心で支援していても、的外れになり空中分解してしまってはもったいない。できるだけ同じ目線に立って話を聞き、今、何が必要なのかを知るのが大事」――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。