つっぱり人生が変わった 世界の笑顔に出会って

東京都小学校道徳教育研究会は、第53回研究発表会を1月25日、町田市立町田第一小学校(宮島徹校長、児童数610人)で開いた。研究主題「自立した人間として、他者と共によりよく生きる児童を育てる道徳教育」を軸に、多様で効果的な道徳科の指導に着目した授業公開や協議を深めた。6年生は「よりよく生きる喜び」を考えるため、起業家の小竹めぐみさんをゲストティーチャーに迎えた実践などを展開。小竹さんは、半生にわたる人生の紆余曲折について写真を掲げながら説明。児童はその生き方を見つめながら、充実した人生に必要な視点を探究した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。