調べて食べて作って遊ぶ 児童がESDで研究発表

 東京都江東区立八名川小学校(手島利夫校長、児童数368人)は1月26日、「八名川まつり」を開催した。このまつりは、ESDの視点による総合的な学習の時間・生活科の成果発表会。校内だけではなく、近隣の幼稚園や保育園、保護者、地域に向けて、全校児童が発表する場となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。