いい親になるために勉強する 協働的な学習は好き

ベネッセ教育総合研究所は「第5回学習基本調査」についての説明会を、1月28日、都内で開催した。調査では、学習をする子どもが増えたのが分かった。学校での主体的・協働的な学習を「好き」とする回答も増加。勉強が将来に役立つと考え、「いい親になるために」「金持ちになるために」などの理由で勉強の必要性を感じる子どもが増えたのも明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。