持続可能な社会づくりに論議集中 新科目「公共」で

中教審初等中等教育分科会教育課程部会は1月28日、社会・地理歴史・公民ワーキンググループの第4回会合を、農水省三番町共用会議所で開いた。今会合では、高校公民科新設科目の方向性を検討。新必履修科目(案)の中の「公共(仮称)」について、「たたき台案」の中の「持続可能な社会づくり」に、論議が集まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。