全教員に日本語指導力が必要 外国人児童生徒を支援

文科省は2月1日、学校における外国人児童生徒等に対する教育支援に関する有識者会議の第3回会合を、中央合同庁舎第4号館で開いた。日本語指導に携わる教員・支援員の養成や確保、指導内容の改善・充実についてヒアリングを実施。「全教員が日本語指導をできるようにするべき」との見解が語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。