組体操のけがは避けられない 中止したほうがよい

「組体操事故問題について考える勉強会」が2月3日、衆議院第一議員会館で開かれた。呼びかけたのは、元文科相の平野博文議員ら超党派の衆議院議員。「組体操は内側から崩れる。教員は外側にいるので、崩れたら防ぎようがない」など、組体操事故の実態や問題点、けがの詳細、教委に事実が伝わりにくい現状などが語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。