ESDパスポート 意図通り学校で使うのは難しい

東京都の新宿ユネスコ協会は2月4日、ユネスコスクール・ESDパスポート研修会を、新宿区立落合第四小学校で開いた。基調講演、同区立小学校4校による実践報告、グループ討議を実施。日頃の取り組みが発表される一方で、小学生がユネスコの意図通りに、ボランティア活動に参加したのを証明するこのパスポートを活用するのは難しいなどの課題も浮き彫りになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。