防災の第一は自助の徹底 子ども会議でまちの未来語る

 東京都多摩市教委は2月5日、「多摩市子どもみらい会議」を、同市にあるサンリオピューロランドで開催した。「防災」を主題に、児童生徒が各校の取り組みを発表し、グループ協議を進め、発信するメッセージについての検討などを実施。「自分を守れない人に他人は助けられない」「地域とつながり、未来へつなぐコミュニケーションを」など、自助と共助の重要性が語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。