実演と学び合いで 飛行機を遠くに飛ばす工夫を追究

東京都西東京市立本町小学校(中村明子校長、児童数314人)は2月5日、「思考力、判断力、表現力を身に付ける学習の創造」を主題にした理科、生活科の公開研究授業を行った。2年生の生活科では、身近な材料で作るゴム飛ばし飛行機の実践を展開。児童一人ひとりが考えた、飛行機を遠くに飛ばすための工夫を発表し、互いに参考にしながら、グループで改良のアイデアを試し、実験飛行を楽しんだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。