年度内に組体操の指針示す 文科相が明言

馳浩文科相は2月9日の閣議後会見で、危険視されている「組体操」について、年度内に指針を示す方針だと語った。組体操を実施中にけがを負った児童生徒は、平成23年度以降、4年連続で8千人以上に上っている。骨折などの重傷を負うケースも起こっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。