全教育活動での道徳教育と道徳科 目標区別し評価を

道徳教育に係る評価等の在り方に関する専門家会議は、第8回会合を2月9日、都内で開いた。中教審教科別ワーキンググループの協議状況などを踏まえ、道徳教育や道徳科の評価のあり方について議論を深めた。全教育活動で進める道徳教育と道徳科の目標を区別した評価の重要性や、子どもが自分の長所に目を向ける個人評価、各学校で子どもの成長の軌跡を記録するための工夫などが示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。