川崎中1殺害 リーダー格少年に懲役9年以上13年以下

殺害現場となった場所に祈りと献花が絶えない
殺害現場となった場所に祈りと献花が絶えない

川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村遼太さん(当時13)が刺殺された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の少年(19、事件当時18)の裁判員裁判の判決公判が2月10日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で開かれた。被告に懲役9年以上13年以下の不定期刑が言い渡された。

近藤裁判長は判決内容について「年長者3人が被害者に対して、むごい方法で殺害した」として厳しく批判した。

少年は、丸刈りでグレーのスーツに黒のスリッパを履いた姿で、背筋を伸ばしたまま判決内容を聞いていた。

被害者参加制度を利用して裁判に参加していた上村さんの母親は、少年を厳しい表情で見据えていた。

審理は、2月2日から3日間連続で行われた。結審した4日には、検察側は犯行態様が「ただただむごい」として、懲役10年以上15年以下の不定期刑を求刑していた。これに対して弁護側は、立ち直りが期待できるとして、懲役5年以上10年以下を求めていた。

上村さんの死後、ボランティアで殺害現場の環境整備を続けている女性(34)は、審理の全てを傍聴席で見届けた。判決内容を聞く被告の態度を見て「ロボットのようだ。反省が全く見られない」と厳しい表情で語る。刑の軽重については「非常に軽い。上村さんは13年しか生きていない。不定期刑で刑期が早く終われば、上村さんが生きた時間よりも早く出所してくる」と唇をかんだ。

上村さんの趣味であるアニメを通じて友人となったという男性(18)は裁判の様子を「被告は反省しているとは思えない。あんな軽い刑になるとは信じられない」と憤る。亡くなった上村さんに対しては「かみそんは、明るくて性格のいいやつ」と振り返る。

判決を受けて福田紀彦川崎市長は、「今後、この事件のような被害者も加害者も二度と生まない」として「全ての子どもたちに安全・安心な地域づくりをしていく」とコメントを出した。

同市では、スクールソーシャルワーカーを増員したり警察と学校との連携を強化したりと、再発防止に乗り出している。

判決が下されたこの日にも、殺害現場となった多摩川河川敷には、上村さんを忍ぶ人が絶えなかった。

午前中には、献花台や河川敷周辺を掃除するなど環境整備に努めているボランティア数人が、花を捧げた。

冷たい風が吹き付ける夕方には、判決を聞いて訪れた女性会社員(27)は「選挙年齢は18歳になったのに、なぜ少年法は引き下げられないのか。軽い判決だ。上村くんがかわいそう」と涙ながらに語っていた。

現場となった河川敷には上村さんのためにと、ボランティアらが、色とりどりの花を植えていたが、遺族の母親が「遼太の死を思い出す」として行政側に撤去を申し入れ、抜き取られた。

事件は今月20日に、丸1年を迎える。学校や地域社会に与えた衝撃は、現在も薄れることはない。

関連記事