特別支援の観点で体育を論議 周囲への指導が重要

中教審初等中等教育分科会教育課程部会は2月10日、体育・保健体育、健康、安全ワーキンググループの第6回会合を、文科省で実施。体育科・保健体育科での特別支援やアクティブ・ラーニング(AL)について議論した。「支援が必要な子の周りにいる子に対する指導が重要」「体育のALで足りないのは『目標設定』と『ふり返り』」など、さまざまな課題が述べられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。