石巻の児童生徒 6割超が「復興に関わりたい」

「自分たちのまちの復興に関わりたい」「私たちの案をもっと活用すべきだと思う」――。子ども支援の国際NGOである(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)と宮城県石巻市教委の共同調査によれば、石巻市の6割を超える児童生徒が、自分のまちの復興に関わりたい、9割以上が災害への備えが大切と回答していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。