赤堀侃司氏が講演 ICT活用で主導権は子どもたちに

東京都武蔵村山市立小中一貫校大南学園第七小学校は2月15日、教育ICTセミナーを開催。公開授業、基調講演、パネルディスカッションなどを実施した。講演では「ICTを使うとき、主導権は子どもに」「子どもが自ら学び、気付く。教員は助言役」など、タブレットPCを用いた新しい授業デザインを語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。