博報賞でフォーラム 子どもの貧困や地域力など探る

フロア参加型のパネルディスカッション
フロア参加型のパネルディスカッション

(公財)博報児童教育振興会(成田純治理事長)が主催する第13回博報教育フォーラム(文科省後援)が2月13日、東京都千代田区の日本工業倶楽部で開催された。「子どもの心が動くとき、大人や地域が変わっていく。」をテーマに、今年度第46回博報賞受賞者の中から事例発表3件と、研究者による基調講演、フロア参加型のパネルディスカッションなどが行われた。

事例発表は、吉田英生岡山県津山市特別支援教育推進センター所長・津山市立北小学校副校長による「子どもが育つ特別支援教育~子どもにことばが届くとき~」、新潟県胎内市立中条小学校による「『つばさっ子ボランティア』と協働した、ふるさとを愛する子どもの育成」、秋田県大館市教育研究所による「子どもと仕事・地域・未来をつなぐ『子どもハローワーク』」。

基調講演では内田伸子お茶の水女子大学名誉教授が「子どもの貧困は超えられるか?~学力格差は経済格差を反映するか~」をテーマに話し、「学力格差は、経済格差よりも共有型しつけ(ほめる、はげます、ひろげる)に基づいた親子コミュニケーションの有無が影響している。自我同一性・人間としての豊かさが形成される9歳から10歳までに、主体的で自発的な『遊び』を通して『楽習』させるのが大切」と述べた。

パネルディスカッションでは、コーディネーターを務めた嶋野道弘文教大学教授が、「生物は『なる』力を持っており、特に子どもがそうだ。さらに子どもは『する』力を持っていて、『なりたい』という思いや願いを持ち自分で行動することで成長する。これらの力に大人や地域が巻き込まれていくのが、健全な子どもと大人と地域である」と結んだ。

関連記事