入試に出ないと学ばない 高校の新科目に現実的問題

 中教審初等中等教育分科会教育課程部会は2月16日、「高等学校の地歴・公民科科目の在り方に関する特別チーム」の第3回会合を文科省で開いた。高校の地理歴史科、公民科に置く新科目「歴史総合(仮称)」「地理総合(仮称)」「公共(仮称)」の内容を検討。現場にどう定着させるかについて、「入試科目にないと、高校生が学ぶ気にならない」など、現実的な意見が述べられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。