大学入試の新テスト 仮説立て思考する問題を例示

新たな入試制度の在り方を検討している文科省の高大接続システム改革会議は2月17日、平成32年に実施する「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」のマークシート式問題例を示した。単に知識だけを問うのではなく、仮説を立て、論理的に考察を進めて問題を解いていく思考型とした。また学力定着を把握する「高等学校基礎学力テスト(仮称)」については、対象学年を1年生に広げた。回数や実施時期は学校の選択に任せるとした方向性を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。