いじめ防止法改正に向け文科相に要望書 大津の遺族ら

いじめを受けて自殺した滋賀県大津市立中学校2年生の男子生徒(当時13)の遺族(父親、50)と同市の越直美市長が2月17日、「いじめ防止対策推進法」を改正する際に、検討の参考にしてもらいたいと、要望書を馳浩文科相に手渡した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。