教員育成指標で論議 経験年数に縛られない形で

 中教審初等中等教育分科会教員養成部会は2月18日、第92回会議を都内で開いた。これからの学校教育を担う教員の在り方について、「経験年数にこだわらないで育成を」などの意見が出た。中教審3答申(教員の資質能力、チーム学校、学校・地域連携)の実現に向けては、委員らが推進と予算の問題に言及した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。