教科横断で新時代の資質能力育む 千葉県が研究発表

 千葉県総合教育センターと同県子どもと親のサポートセンターは、平成27年度の研究発表会を2月18日、千葉市の同センターで開いた。発表では、これからの時代に求められる資質能力を教科横断的に育成する指導法の研究や、特別支援学級担当者の専門性向上パッケージの開発などが報告された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。