川崎中1殺害事件1年経過 地域住民らが意見交換

 地域住民と教職員らが語り合う「川崎市地域教育会議交流会」が2月20日、同市内で開かれた。この日は、上村遼太さん(当時13歳)が多摩川河川敷で刺殺されて1年が経つ。事件をきっかけに、学校や地域社会がどのような対策を講じてきたのかを振り返った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。