いじめは見えにくい社会問題 4教育大学がシンポ

 宮城、上越、鳴門、福岡の4教育大学は2月21日、「いじめ防止支援シンポジウム」(後援・教育新聞社ほか)を都内で開いた。講演やディスカッションなどを実施。「いじめは見ようとしなければ見えない」「ラインのいじめは証拠が残ると教えれば抑止になる」などの意見が語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。