高校生7割がネットで小遣い稼ぎ 端末で子守の傾向も

 デジタルアーツ㈱は2月22日、「第9回未成年者と保護者のスマートフォンやネットの利活用における意識調査発表会」を、都内で開催した。調査では、高校生の約7割がインターネットで小遣い稼ぎをしているのが明らかになった。未就学児の保護者が、子守の道具として端末を与えている可能性も示唆された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。