こども教育支援財団 不登校を克服した生徒の声を聞く

(公財)こども教育支援財団は2月20日、不登校を克服した高校生の“生の声”を聞く「教育シンポジウム」を千葉市内で開いた。会場には不登校の子どもを抱える保護者や教育関係者が来場し、真剣な眼差しで耳を傾けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。