使われる学習指導要領を 特別支援教育部会で意見

中教審初等中等教育分科会教育課程部会特別支援教育部会の第6回会合が2月22日、文科省内で行われた。知的障害のある児童生徒のための各教科の改善・充実の方向性について、事務局から検討素案が示された。委員からは「特別支援学校の現場では、学習指導要領が驚くほど使われていない」といった意見があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。