子どもの成長とともに教員の意識改革 生活・総合WG

中教審初等中等教育分科会教育課程部会は2月23日、生活・総合的な学習の時間ワーキンググループの第4回会合を、文科省で開いた。委員からは、「子どもの資質・能力を育てるとともに、教員の意識改革を」「子ども自身が自分の変容をきっちり振り返るのが大事」などの意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。