学校が地域を先導して減災 アクサユネスコ報告会

 平成27年度アクサ ユネスコ協会減災教育プログラム活動報告会が2月24日、都内にあるアクサ生命保険㈱本社で開かれた。助成を受けた小・中・高・支援学校21校の教員が参加し、取り組みを報告した。「子どもの発信で大人が変わる」「被災時は中学生をリーダーに」などの意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。