特別活動で育む資質能力を議論 目標の未理解も指摘

 中教審初中教育分科会教育課程部会特別活動ワーキンググループは第4回会合を2月24日、文科省で開いた。人間関係形成、社会参画、自己実現の3点を踏まえ、特別活動で育む資質能力を検討。小・中・高校を通じた特別活動の意義や役割などについても議論を深めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。