超党派議連 教育機会法案の条文審理始める

出席議員に条文審議の協力を呼び掛ける丹羽衆院議員(右)
出席議員に条文審議の協力を呼び掛ける丹羽衆院議員(右)

超党派フリースクール議連の立法チームは2月25日、会合を開き、今国会での提出を目指す「教育機会の確保に係る法案」の条文審理を始めた。来月2日開催予定の会合で、条文の全貌が明らかになる見通し。

今回の新座長案で新たに盛り込まれた「休養の必要性」は、不登校児童生徒の欠席を担保するもの。ただ、学校に通学しているが、いじめや対人関係などで悩み、しかたなく通学している者をどう休養の対象にしてくかの課題もある。これについては、学校などでの教育相談を経て、判断するなどの案が浮上した。誰でも休めるとなると、惰性で学校に行きたくない者も含まれるとの懸念から示された。

また前回の会合では、教育の「多様性」を強調したいと、「多様」との言葉を条文に入れるよう意見が一致。今日の会合では、第一総則の中にある基本理念に、「多様」の文言を入れることでまとまった。

同議連の事務局長を務める民主党の林久美子参議院議員は「無理して行っている子どもたちを救わないといけない。次回の会合で合意が得られれば、法案の条文を公表できると思う」と語った。

関連記事