いじめや校内暴力など摘発・補導数が減少 警察庁調べ

 全国の警察が昨年に摘発・補導した少年のうち、いじめによる事件は200件で、2年連続で減少していることが2月25日、警察庁の調査で分かった。校内暴力や教師に対する暴力も同様の傾向となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。